体験研修修了生の声

体験研修 修了生の声

体験研修を終了した方々の声(2016年度)

研修者01(訪問看護歴4年:40代女性看護師)
研修者02(訪問看護歴なし:40代女性看護師)
研修者03(訪問看護歴なし:40代女性看護師)
研修者04(訪問看護歴なし:30代女性看護師)
研修者05(訪問看護歴なし:50代女性看護師)

◎研修者01(訪問看護歴4年:40代女性看護師)

訪問看護に4年間携わってきて、その魅力も奥行きの深さもわかってきました。改めてもう一度、原点を勉強する意味で研修に参加させていただきました。カンファレンスやスタッフたちが多面的に考えてアセスメントし、それぞれのスタッフの強みを活かしたアイデアや知識が利用者様に還元できている体制は本当にうらやましいです。現ステーションとの体制上の違いはありますが、今回学んだ連携と情報共有を大切にして、スタッフとも話し合いながら少しでもステップアップした職場にしていきたいと思いました。

〈スタッフの感想〉
訪問看護ステーションの共育(教育)体制や情報共有にはいろんな方法があり、事業所ごとに特徴を活かして取り組んでいると思います。他の事業所の方法を知ることで幅が広がり、状況に即した対応をしていけると思います。ぜひ、これからもがんばっていただきたいです。(Y)

◎研修者02(訪問看護歴なし:40代女性看護師)

訪問看護の実際を体験したいと思い参加しました。半日ではちょっと短かったかもしれません。自分に向いているのか、向いていないのかがよく理解できました。訪問看護が好きで仕事をされている看護師さんと同行できたので、大変勉強になりました。生半可な気持ちでは復職できないと、改めて気付かされました。

〈スタッフの感想〉
「好きこそものの上手なれ」…もあるかもしれませんが、最初から訪問看護が好きという初心者はいないと思います。やってみて知る訪問看護の醍醐味とやりがい…なのだろうと思うのです。研修によって、自分の看護や仕事に対する考えを問う機会になったとしたら、とても良いきっかけになったのではないでしょうか。ぜひ、納得のいく看護の仕事に就いていただきたいと思います。(Y)

◎研修者03(訪問看護歴なし:40代女性看護師)

現在、クリニックで外来看護をしています。在宅診療の医師と同行することも多く、訪問看護に興味をもっていました。今回の研修で、訪問看護の全体像や訪問看護師の働きを知ることができたと思います。スタッフの皆さんが生き生きとしていて、訪問看護へのハードルが少し低くなりました。今後、訪問看護に進むことも視野に入れていきたいと思います。

〈スタッフの感想〉
訪問看護師も外来看護師も同じ看護師であり看護業務です。クリニックに通院している患者さんの中にも今後、訪問看護が必要になる方はいると思います。今回の体験を機に、クリニックからの訪問看護を検討いただき、是非、チャレンジしていただければなと思います。(Y)

◎研修者04(訪問看護歴なし:30代女性看護師)

患者さんだけでなく、家族のメンタル面や健康状態にも気を使いながらフォローしているのが印象的でした。病棟とは異なり、患者さんと向き合う時間がしっかりと取れているため、その方に適したケアができています。訪問看護の現場では、患者さんの症状や状態からアセスメントし、どういったものが疑われるかを自分で判断する能力が大切なのだと痛感しました。

〈スタッフの感想〉
患者さん家族にとって訪問看護を受ける時間は自分たちのみに向けられる看護です。それは看護師にとっても同じあり、じっくり関わることができます。そのため、訪問看護のやりがいと満足のひとつだといわれています。
何もない生活の場所でフィジカルアセスメントをしていくわけですから、実践と学習を丁寧に積み重ねていくことで看護の力量を上げることができると思います。(Y)

◎研修者05(訪問看護歴なし:50代女性看護師)

利用者自身が選択した在宅という療養の場で、自分らしい生活を継続するために、どんなサポートをすることができるのか。それを学ぶために研修に参加しました。患者さんとしっかりコミュニケーションを取りながら、家族の様子も把握しつつ、安心して暮らせるための情報提供をしていく必要性があると勉強させていただきました。この体験を活かし、明るく楽しく仕事をし、患者さんからの信用を築いていきたいです。

〈スタッフの感想〉
目標を明確にあげて研修に臨んでくださいました。3日間という短い研修の中で、常に患者家族の様子や訪問看護師との対話、訪問看護師の動きや対応に関心を寄せて研修くださったのだと感じました。私たちにとっても大変有り難く、やりがいにつながった研修でした。
私達もがんばってまいります。(Y)

他ページへのリンク