薬剤科のご紹介

薬剤科のご紹介

薬剤師という仕事を選んで本当によかったと思います

科長 渡邉 幸子

Q. 薬剤科の役割はどのようなことでしょうか。

A. 医師からの指示に基づいて、患者さん個々に合ったお薬の剤型や服用方法を考え、調剤を行います。また、お薬の服用量や飲み方、期待される効果(薬効)を患者さんに説明し、今なぜそれが必要なのかを理解して頂く等、適切な薬物療法の支援をします。リハビリ病院の特色として、嚥下障害患者さんとの関わりも多いです。

Q. こちらの病院では薬剤師が病棟に出向き、直接患者さんに指導すると聞きましたが。

A. はい。リハビリ病院は、一般病院に比べ入院日数が長くなるため、患者さんと薬剤師の関わり方が綿密になると思います。入院される患者さんに対してはこれまで、お飲みになっていたお薬の種類、アレルギーや副作用経験の有無、そしてサプリメントなど常備薬についてもお聞きしています。入院後は、飲みにくいお薬はないか、用法通り正しく内服、使用しているか、効果は出ているか、副作用はないかなどをチェックしています。そういう面では医師や看護師との細かいミーティングが重要になります。また、誤薬防止と、コンプライアンス向上のため、入院されている患者さん及び退院される患者さんのお薬はすべて、1回分毎に1包化調剤を行っています。

Q. 直接、患者さんと接して感じるのはどのようなことですか。

A. 障害を乗り越えようと努力する患者さんの姿は、自分自身に薬剤師としての職能をいつも自問自答させてくれますし、仕事の励みになっています。ご高齢の患者さんも多く、自分の父母や祖父母とだぶります。人生の先輩として教えられることも度々あり、薬剤師として一人の人間として、この病院で私自身が日々、育てられているような気がします。

Q. この仕事をしていて嬉しかったことはありますか。

A. 「おかげさまで、こんなに元気になりました」という患者さんの笑顔がなによりです。生活の一部となるお薬は、その方の生活スタイルにも関わることになりますから、お薬を通し、より深く患者さんに関わって行かなければなりません。患者さんがお薬を、新しい生活の構築に必要な基礎の一部と考え、上手に付き合っていこうと思ってくれた時、そして元気な笑顔をみせて下さった時、薬剤師という仕事を選んで本当によかったと思います。

他ページへのリンク