河北リハビリテーション病院4つの特徴

河北リハビリテーション病院4つの特徴

回復期リハビリテーションに特化した専門病院

数多くのリハビリテーション専門スタッフが在籍しており、高次脳機能障害や認知症のリハビリテーションをおこなえます。杉並区の「高次脳機能障害関係機関連絡会運営委員会」の活動を通して、地域連携も充実しております。また、飲み込みがうまくいかない方には専門医による嚥下造影検査を実施し、食事形態を工夫しながら患者さんに合った適切な食事環境を見つけていきます。また、摂食・嚥下障害認定看護師も在籍しており、専門的な看護も提供しています。

自然環境の残るエリアでおこなう365日リハビリの実施

家庭復帰・社会復帰を目標として、リハビリ専門医や担当医の指示のもと、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士による専門的なリハビリテーションを受けることが出来ます。また善福寺川や和田堀講演など周辺には多くの自然が残っており、緑に囲まれた落ち着いた環境の中に当院はございます。

充実した専門スタッフによるリハビリの提供

多様な専門職種が退院に向けて様々な角度から「患者さんに必要な支援」を検討し、一つのゴールを共有して綿密なコミュニケーションを通じたリハビリテーション総合実施計画書を立案・実施しています。
患者さん一人一人が個別の事情をお持ちであることを踏まえ、画一的なプランを押し付けることなく、患者さんご本人やご家族、関係者の方々のご意見も十分に取り入れた上で、施設として最高の選択を適宜おこなってまいります。

手厚い人員配置による入院生活のサポート

重要な要素の一つは、患者さん1人あたりに配置する専門職の人数です。 当院では、法律で定められた基準人員をはるかに上回り、各病棟に専門職を配置することで、患者さんの治療計画の個別性に柔軟に対応することを目指しています。また患者さんが急変した場合でも、当院関連施設の「河北総合病院 救急医療センター」へ搬送し、迅速に対応可能です。