睡眠時無呼吸症候群(SAS)外来

睡眠時無呼吸症候群(SAS)外来

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査のご案内

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)とは

眠っている間に呼吸が止まる病気です。
Sleep Apnea Syndromeの頭文字をとって、「SAS(サス)」とも言われます。
医学的には、10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸です。

 

対象

こんな症状や病気のある方は一度ご相談ください

・大きないびき
・日中の眠気
・起床時の頭痛やだるさ
・夜中に何度も起きる
・肥満、糖尿病、高血圧などの生活習慣病

 

検査について

・ご自宅でも取扱い可能な検査機器を使います。
手の指や鼻の下にセンサーをつけ普段と同じように寝ている間にできる検査です。
・必要に応じて入院(1泊2日)で詳細な検査も行います。

 

治療について

睡眠時無呼吸症候群と判断された場合はCPAP治療「CPAP(シーパップ)療法:経鼻的持続陽圧呼吸療法」等を行います。
治療の詳細については、診療時、医師にご相談ください。

 

お問い合わせ

TEL:03-5356-7160
受付時間:月~土 8:30~17:00 ※日・祝日・年末年始は除く

※ 睡眠時無呼吸症候群の検査希望とお伝えください。