ごあいさつ

ごあいさつ

「あいグループホームどんぐり」について

住み慣れた地域で、安心のケアを

「あいグループホームどんぐり」は「認知症対応型共同生活介護(グループホーム)」です。認知症をお持ちの高齢者の方が、専門知識を持つ介護スタッフの 24 時間サポートのもと、家庭的な環境の中でお過ごしいただけます。家事活動やレクリエーションなども取り入れ、日々の暮らしに楽しみや役割を見出すことで、認知症の進行を緩和する生活を目指しています。

管理者ごあいさつ

ふつうの暮らしを大切に

どんぐりは緑豊かな住宅地と商店街の中にあります。一歩外に出れば四季の移り変わりを感じられ、行き交う人の声が聞こえる、のどかで生活感のあふれる恵まれた環境です。ひとそれぞれの老いの人生を、利用者さんやご家族と共に考え協力し、地域の方々にも支えていただきながら学び、これからの高齢社会が楽しみになれるような一つの場所を創りたいと考えています。

認知症対応型共同生活介護サービス担当 科長

種市礼子(たねいち・れいこ)

介護福祉士
<経歴>
福祉の専門学校を卒業後、1998年に同財団へ入職。デイサービス・デイケア・グループホーム・小規模多機能施設などの開設と運営に携わり、2018年より現職。

あいグループホームどんぐり 管理者

石川 幸治(いしかわ・こうじ)

介護福祉士
<経歴>
一般企業での会社員を経て2005年に同財団へ入職。天本病院の医療介護職係長を経て、2018年よりあいグループホームどんぐりを担当。

どんぐりが目指すもの

1.地域との連携を深め、地域福祉の核として、地域に開放された関係づくりを目指します。

2.利用者さんが有する能力で、「望む生活」、「自分らしい生活」が実現できるサービスを目指します。

3.働く私たちが誇りを持ち、喜びを感じられる職場風土を築きます。