訪問看護とペット

訪問看護とペット

訪問看護に就職して4年目になる看護師のたけうちです。

それまでは病院で働いてきましたが、親の看取りを経験してから訪問看護に興味を持ち、

崖っぷちのアラフォーですが、この世界に飛び込みました。

 

紆余曲折を経ていますが、今の訪問看護の仕事は楽しいです。

100人100通りの生き方、考え方があり、大切なことが違います。

在宅では、その考え方を反映できる場であり、微力ながらその人らしさを支えるお手伝いができることに

よろこびを感じることができます。在宅でその人らしく生活されている姿を間のあたりにする時に、私は

元気を頂いて帰ってきます。有難いです。

 

そんな私が仕事をして一番影響を受けたことが、家族の一員として飼われているペットたちです。

訪問先で様々なかわいいペットにも出会うことができました。

家族のように大切にしているペットを見ているうちに、ペットの役割の大きさに気付き、我が家でも子供

たちを癒してくれるのではないかと、初めて猫を飼うことにしました。それが、五右衛門という猫です。

とても気が小さく、可愛い猫です。今では我が家のナンバーワンになりました。そのうちに五右衛門にお

嫁さんを迎え、子どもが生まれていつの間にかビッグファミリーになっていました。

元気ならばよいのですが、最近2匹が病気になり、在宅で点滴をしたり介護をしたりと、すっかりペットの

在宅看護も経験しました。いろいろな面で在宅看護はまだまだ奥が深いです。生涯訪問看護の仕事で学ばせ

ていただけたらと思っています。

 

 

 

 

 

 

この仕事と出会えたことに感謝です。一緒に働いている皆様に感謝です。訪問させていただき、人生の

大先輩の方々に感謝です。最後に我が家の家族、猫たちにも感謝です。

 

文責:あい訪問看護ステーション 看護師たけうち

 

 


2019年10月7日  カテゴリー(あい訪問看護ステーション): ステーション日記

ブログカテゴリー

ブログ記事一覧

ステーション日記

2019.11.08
自衛消防操法大会

ステーション日記

2019.10.28
災害ボランティア

ステーション日記

2019.10.07
訪問看護とペット