災害ボランティア

災害ボランティア

 

台風19号が、各地に大きな爪痕を残しています。被害に遭われた皆様、心よりお見舞い申し上げます。

多摩市は、多摩川、その支流と川が多い地域であり、利用者様の中でも避難された方も多くいらっしゃいました。

被災はなくても、避難による疲労が体調を左右することもあるかと思います。小さな体調の変化にご注意下さい。

 

私は、台風から1週間後に川崎市の災害ボランティアに2日間参加してきました。

 

 

ご自宅に流れ込んだ泥を片付ける作業、流れ込んだ泥水で汚れた家財道具を運び出す作業をしてきました。

被災した地域の駅周辺は町が整いつつありますが、一歩路地に入ると、溜まった泥、泥水が乾いた道路、泥水で汚れた家財道具、黙々と片付ける人々、廃棄物を一気に収集していく収集車、見回りをする市の職員の方・・・と、まだまだ被災の爪痕が残ります。

こんな近くに、たくさんの助けを必要としている方々がいる事に、胸が痛くなりました。

小さくても、自分が出来ることを探して、被災された方々の力になれる事を、できる限り続けていこうと思います。

また、訪問看護ステーションとしても、より一層災害への備えを整え、役割を果たせるよう精進して参ります。

 

 


2019年10月28日  カテゴリー(あい訪問看護ステーション): ご利用の方へ, ステーション日記

ブログカテゴリー

ブログ記事一覧

イベント・講座

2019.11.08
自衛消防操法大会

ご利用の方へ

2019.10.28
災害ボランティア

ステーション日記

2019.10.07
訪問看護とペット