4つの特徴

4つの特徴

①24時間365日対応 訪問診療

在宅療養をバックアップする安心の体制があります

あいクリニックは、厚生労働省が定める「機能強化型在宅療養支援診療所」の認定を受けています。患者さんの病状の急変に備え、24時間・365日体制を整備。在宅医療を担当する常勤の医師が複数在籍し、緊急時の往診やご自宅での看取りも対応しています。

データでみるあいセーフティーネットの在宅医療

②暮らしに寄り添うかかりつけ医

日々のちょっとした体調不良から、人生の最期の時まで。患者さんの一生に寄り沿います

町のかかりつけ医

風邪などの体調不良、健診・検査、いざという時の入院先の紹介まで対応します。

24時間オープンの相談機能

夜中でも電話がつながる安心感。看護師などが対応し、状況に応じて当直の医師が往診します。
(※「地域包括診療料」へのご同意が必要です)

認知症の専門外来(物忘れ外来)

高齢化が顕著な多摩ニュータウンで、認知症があってもその方らしく生きることを支援します。

無料の「在宅なんでも相談室」を開設

医療のこと、介護のこと、日々の生活のことなど、看護師がご本人やご家族のお悩みにじっくり寄り添います。

③居宅介護支援事業所・デイケア
訪問看護ステーション併設

医療と介護の連携で、ご高齢の方の生活をトータルケア

当クリニックでは、居宅介護支援事業所「ケアプランセンターあいクリニック」と通所リハビリテーション(デイケア)を併設。ケアマネジャーと連携し、利用者さんの在宅療養を医療と介護の両面から支えます。

また、同施設内には、同じ運営母体の「あい訪問看護ステーション」もあります。顔の見える関係で、職種を超えた連携が実現しています。

あい在宅複合施設
3F ケアプランセンターあいクリニック
2F あいクリニック(訪問診療科デイケア あい訪問看護ステーション
1F あいクリニック(外来診療科)

④あいセーフティネットと地域連携

24時間365日、信頼と安心を創造します

あいセーフティネットとは、社会医療法人河北医療財団多摩事業部が運営する医療・介護・福祉の地域ネットワーク体制です。
病院、クリニック、介護老人保健施設、小規模多機能型居宅介護、グループホーム、訪問看護ステーション、ケアプランセンターなど約20の事業所が連携体制を構築し、地域の関係機関とも協力しながら24時間365日のサービスを提供します。
「住み慣れた地域で最期まで」を提唱する地域包括ケアシステムを、多摩ニュータウンを中心に実践しています。

詳しくはこちら